<次のページ 前のページ>

荒川土手遠足

九月十日(木)、良い天気の中おにぎりを持って荒川土手に行ってきました。〇歳児・一歳児はバギーに乗り、二歳児は保育園から荒川土手までの距離を往復歩いて行きました。
五月に行った時は、土手滑りが出来なかったのですが、今回は沢山土手滑りをしてきました。段ボールに座り滑り下りたり、ビニールシートに二~三人の子ども達が乗り、保育士に引っ張ってもらい土手滑りを楽しんでいました。転がり落ちて芝生まみれになっても、笑顔で遊んでいました。〇歳児~二歳児まで、土手の急斜面を登ったり下りたりを繰り返し、たくましさも垣間見られました。
原っぱでは、大きいバッタや小さいバッタ・蝶がいて、捕まえようと追いかけたり、保育士が捕まえたバッタを触ったり観察をしたりもしていました。
毎回、河岸でカニを捕まえてきていたのですが、今回は川の水が増水していて、岸に降りられず諦めてきました。
外で食べるおにぎり、『美味しいねぇ~』と言いながら食べて帰ってきました。皆の笑顔が、キラキラ輝いていた一日でした♪