なかま保育園の秋まつり、多くの人達に支えられて大成功!

秋祭り

バザー収益は765,239円!  実行委員会からなかま保育園に寄付していただきました!

秋まつりの前日まで不安定な天気と寒さが厳しかったので、当日の天候が心配されましたが、なんと!当日は汗ばむようなポカポカ陽気で、たくさんのお客さんが集まり、にぎやかな秋まつりとなりました。
 収益は765,239円でした。秋祭り実行委員会より、この収益はなかま保育園に寄付していただきました。
 八月の秋まつり第一回実行委員会に始まり、十月の毎日曜日の値つけには、実行委員会のメンバーと一緒になって、なかま保育園の保護者の方々が毎週手伝ってくれ、いつもは大変な値付けがスムーズに終えることができました。また毎年のように品物を提供していただいた方々、そして毎週車を出してその品物の収集していただいた方々、区外から自分で運転して品物をいっぱい持ってきていただいた方々、また名前を伝えずに品物を提供していただいた方は、二〇〇件を超えました。なかま保育園の秋まつりはたくさんの人に支えられていることが実感できます。本当にありがとうございました。
 秋まつりは、このバザーに加え、たくさんの模擬店が並びます。今年は、十一店といままでで最高のお店が並びました。今年は、チヂミやキムチ、マッコリ、韓国のりのお店、牛久から産地直送の無農薬野菜のお店、たこ焼き屋さん等々が新しく出店してくれました。
 イベントは、太極拳、テコンドー、朝鮮第四初中級学校舞踊部、ノレの会、足立風友の会が日頃の成果を披露してくれました。中でもやはり一番はなかま保育園の子ども達です。アンパンマンの手作り衣装をつけた、〇歳児・一歳児・二歳児のかわいい踊りは、二重三重の人だかりで、子どもたちも、びっくりした様子でしたが、とてもいい経験をしたのではないかと思います。当日は、実行委員会構成メンバーの全水道東京水道労働組合、足立支部そして女性部、ノレの会の申さん、南葛飾高校定時制部落研ОB、足立地区解放研、都連女性部の方々、なかま保育園のお父さん達が売り子として最後の最後のかたづけまでやっていただき、秋まつりは大成功のうちに終了することができました。
 地域の方々の支えと秋まつりに関わってくださった多くの方々に感謝し、今後とも人権ネットワークづくりを目指してがんばります。  本当にありがとうございました。

イベントに出演していただいた方々から

 

なかま保育園のこどもたち

なかま保育園のこどもたち

アンパンマンの姿で会場へ向かう子どもたちに、可愛い!の声が 毎年恒例となった、なかま保育園の子ども達によるお遊戯。
 今年は「アンパンマン音頭」と「サンサン体操」という二つの曲にあわせて踊りました。子ども達の大好きなアンパンマンの曲ということで練習の時からはりきって元気いっぱい踊り、楽しんでいました。
 秋まつり当日、いよいよ本番! いつものように、笑顔で元気いっぱい楽しんで踊ってくれたらいいなあと思いながら、イベント会場へ。アンパンマンの衣装を着て歩いている子ども達を見て「かわいい」と言ってくれる方々がたくさんいました。
 会場にスタンバイすると、沢山のギャラリーに驚いてか、固まってしまう子、親御さんを見つけて側に行きたくて泣いてしまう子など続出。しかし、泣きながらも戸惑いながらも、頑張って踊ってくれました。 いつもと違う雰囲気に、練習の時のような踊りを披露するとまではいきませんでしたが、みんな本当によく頑張りました。
 衣装を着て、その場にいるだけで、とっても可愛かった子ども達でした。

 

 なかま秋祭り2010に参加して             テコンドー     姜 昇利

テコンド

今年も昨年に続き晴天の中、なかま秋祭りの成功おめでとうございます。
 昨年以上にたくさんの方が集まり、大盛況だったように感じます。
私達、足立興野テコンドー道場がなかま秋祭りにテコンドー演武として参加させていただいたのは昨年に続き、二年目になります。
 地元でのイベントということなので、昨年参加した練習生達の記憶にもしっかりと残っているようで、みんな当日を楽しみにし、そして楽しんで参加してくれました。
 ちょうど一年経って同じ場での演武なので、練習生達の一年間の練習成果を見て感じることができました。
勝手ながら、できれば毎年なかま保育園秋祭りが私やご父兄にとっても、子供たちや成年の練習生達にとってもそのような機会であってくれればと思います。
 そして私たちテコンドー道場の活動や魅力をなかま秋祭りを通じて足立区に発信ができるよう、また日頃から心技体を鍛練して来年を楽しみにしています。
 今年もなかま秋祭りへお招きいただき、ありがとうございました。

見せ場での歓声に子どもたちも嬉しそうでした!    太極拳 赤沢知香・依美

太極拳

今年も会場は大賑わいで、回を重ねるごとにお客さんの人数が増えていくような気がします。お蔭様で私達の演武も毎年恒例という感じが定着してきているようで、出演者のご家族やお友達の他にも、本当に沢山の方々が温かい目で見守って下さいました。
 見せ場では「おぉ~!」というリアルな歓声もあり、子ども達も嬉しかったようです。
 演武後、「知らないおじさんとおばさんにすごいねって言われた。」と報告してくれた子もおり、同じ地域でも全く知らない人と会話することは、なかなかなくなってきていると思うので、地域の方達との交流の場という意味でも、この秋祭りにお招きいただいていることは、私達にとってすごく大切な事だと思っています。
演武の内容は、事前に「ここはちゃんと皆で気持ちを合わせようね。」と打ち合わせした所を本番でも合わせる事ができたり、簡単なようで今までなかなかできなかった事が今回はできたので、良かったです。
大人クラブの皆も、子ども達にパワーをもらいながらこれからも頑張ります!

舞踊を通して交流できるこの場がとても大事

          

朝鮮舞踊 東京朝鮮第四初中級学校 舞踊部 顧問 金愛心

朝鮮舞踊

 この度は、なかま保育園の秋祭りに参加させて頂き、誠にありがとうございます。
 毎年この秋祭りに参加させて頂いていますが、学生達がこの行事をとても楽しみにしています。今年も、学生達がみなさんの前で朝鮮舞踊を披露することができて、とてもうれしく思います。
 日本に生まれ育ったけれども、朝鮮の舞踊を踊ることで、自分たちが朝鮮人ということを感じてくれることを日々思いながら指導しています。また舞踊を通して交流を深められるこの場がとても大事だと思いました。子供達もとても楽しんでいました。
 これからもよろしくお願いします。