今年もやります、秋まつり!

11月3日午前10時から、いつもの興野公園で


   なかま保育園の一大イベント、『秋まつり』の準備がすでに始まっています。
 今年は、衣類の最終受け入れ先が見つからず、バザーは衣類なしで行うため、現在集まっている品物の数も少なく、どうなるのか心配ですが、でも元気いっぱい、今年も十一月三日午前十時から興野公園で、なかま保育園『秋まつり』を開催します。三日が雨天の場合は、四日に延期になります。
 当日は、日用品などのバザー、無農薬野菜の販売、パネル展示、各種模擬店、イベントを行います。
 イベントは、なかま保育園園児のかわいい踊りはもちろん、太極拳、テコンドー、バルーンアート・ジャグリング・手品などの大道芸、ノレの会による歌、東京朝鮮第四初中級学校の生徒さんによる朝鮮舞踊、そして今年は、イベント開始の合図となる、和太鼓の連打が初出演になります。
 ぜひ皆さんで誘い合って遊びに来てください。当日飛び入りのお手伝いも大歓迎です。

秋の遠足に行きました!

 9月27日に、0歳児は、西新井さかえ公園に、1・2歳児は、荒川土手に行きました。

nakama

ひよこ組の
こどもたちの様子

 0歳児ひよこ組は、一番小さいゆづちゃん(八ヶ月)、ちせくん(11ヶ月)、ゆいちゃん(1歳2ヶ月)の3人と担当保育士2人で、西新井さかえ公園に行きました。
 ゆうなちゃん(1歳6ヶ月)は病気でお休みだったので、全員が行けなくてちょっと残念でした。
 さかえ公園は、アリオ西新井店の隣にある公園で、いつもは親子連れでいっぱいなのですが、行った時間が良かったせいか、一人乗りブランコに乗れたり、滑り台などの遊具を使って遊ぶことができました。
 小さい月齢ではあるけれど、滑り台を階段から上って、後ろ向きで足から滑り下りたり、一生懸命な姿と笑顔がとてもかわいかったです。
 ゆづちゃんは抱っことバギーで移動。ちせくんはあんよがとっても上手になってきていて、歩くことにとっても意欲的で、上手にバランスをとってたくさん歩きました。

nakama

 とっておきな出来事は、ゆいちゃんもあんよがとっても上手になってきていて、ゆいちゃんの歩いていくほうに、残りのみんなが、抱っこやバギーで後をついていきました。
 初めに遊んだ公園から出て、芝生の上を歩いていくゆいちゃんの後をみんなでついていくのです。とうとう、アリオにいちばん近い側のブランコや滑り台のあるもう一つの公園まで歩いていきました
 すごーい!ゆいちゃん!
 そしてなかまに戻って、ゆづちゃんとちせくんは離乳食、ゆいちゃんはお母さんが作ってくれたお弁当を食べました。

りす組とうさぎ組の
こどもたちの様子

 同じ日、一歳児りす組と、二歳児うさぎ組は、荒川土手に行きました。
 なかま保育園からは結構距離があるのですが、泣きそうに、足がもつれそうになりながら、往復頑張って歩いた一歳児さんたち。
 その手をお兄ちゃん、お姉ちゃんになってリードして歩き、道端でどんぐりを競争しながら拾ったりの二歳児さんたち。
 汗をかきかき、みんな、すごーい! みんなの背中を見ながら、『成長したな~』と感じる一日でした。

 荒川土手では、虫網を持って大きなばったやちょうちょうを駆け回って捕まえようとしたり、シャボン玉をとろうと何度もジャンプしている子、斜面が怖くて、恐る恐る登って行った子もいたり、でも思いっきり、広い野原をたくさん走り回ってきました。
 草刈りの前で、草の長さが長かったせいか、土手すべりはなかなかスピードがでなくてスムーズに滑ることができなかったのはちょっぴり残念でしたが、普段見られない子どもたちの表情はたまらないものでした。
 そしてお弁当!
 リュックからお弁当を出して、待ちきれなくておにぎりやサンドイッチをおいしそうに食べていました。
 中にはママからお手紙月のお友だちもいました。みんなお弁当のふたを開けて、とっても大喜びでした。

特定非営利活動法人なかま 第七回通常総会を開催!

 去る、6月1日、『なかまのいえ』において、なかま保育園の運営主体である、特定非営利活動法人なかま第7回通常総会を開催しました。
 保育室なかま当時からなかま保育園を支えてくれている多くの方々が、正会員、賛助会員になってくれていて、遠方の方も多くなかなか総会に出席することが難しいのですが、出席、委任状出席の方も含めて、通常総会は成立し、無事終えることができました。
 今回は役員選任の総会で、関忠男さんが、理事長重任を快諾してくれ、引き続き理事長に決まりました。
役員は次の通りです。

  理事長‐関忠男
 副理事長‐長谷川三郎
 理事‐斉京昭、後藤めぐみ 藤沢汎子
 監事‐伊藤英一、佐藤栄子